読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あそびにっき

子育てっていうか、娘との遊びに関する日記です。日記を溜めすぎて季節感がなくなりました。

風を描きました。

 暑くて暑くて外に出るのも置くうな毎日ですが、時間が合う日は朝のまだ暑くなりきらない時間に公園に行っています。近所の公園は丁度その時間は日陰になるので、結構涼しいです。

 

 気温のせいか、時間帯が早いせいか、公園はほぼ貸し切り状態です。ですが、滑り台やアスレチック的な遊具で一通り遊んでも、見慣れた公園は刺激が足りないのか、最近はそれほど遊びません。それよりもとりあえず砂場で遊ぶ方が時間的に持つようです。砂を握って「おにぎりだよ」と、娘が好きなままごとっぽい遊びをしたり、砂に水をかけたり、握ってさらさらしたり、ダンゴ虫を見つけたり、案外それだけでも楽しめます。ここのところはそんな外遊びです。

 

 

 家ではお絵かきをしました。2歳4カ月ごろから丸だけで構成された「顔」を書くようになった娘。お絵かきに関してもすぐに「描いてー」と親にねだることが多いのですが、それだと個人的には面白くないし、やっぱり娘の発想で何か描いて欲しいって言うのがありまして、このサイトなどを参考にして挑戦してしました。

 

 案の定、お絵かきよりも何色かのクレヨンを持って「どんな色が好き?」と歌い始める娘。まずは「今日はお顔を描いてみようか」「何色の顔を描く?」などと、娘の意識をお絵かきに向けます。そしたら「これはお父さん」「小さい顔は赤ちゃん」などと描き始めてくれたのでしめしめ。隣で一緒に絵を描きながら見守ります。するとしばらくすると、顔に飽きたのか点々を描き始める娘。新しい紙を渡すと、いろんな色を使って点々を描いて行きます。この日は水色とピンクがお気に入りのようで、何度も使っていました。(普段の娘カラーは黄色)

 

 またしばらくし、今度は「かぜー」と横線で風を描き始めました。まさか、風の絵を描くとは。絵本や保育園で学ぶのか、目に見えないモノを描くのに驚きです。これまた色んな色で風を描いた後、「名前書くー」「書けないから書いてー」とひたすら僕に名前を書かせようとする娘。そこで、ぐるぐる渦巻きを描いて、「これが描けたら字も書けるようになるよ」と適当なことを言ってみると、練習してました。見ていて気付いたのですが、ただ丸を一つ描くのと、丸を何重にもぐるぐる描くのとでは勝手が違うようですね。さらにぐるぐる描きながら横にずらしていく(電話のコードを描くような感じ)のはまだ難しい様子でした。

 

 最後に、自ら今度は折り紙をちぎって貼り絵をし、今回のお絵かきは終了。作品は冷蔵庫に貼り付けました。こんな感じで促しながら、作品を飾ったりすれば、またいろいろ描いてくれるかな?