読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あそびにっき

子育てっていうか、娘との遊びに関する日記です。

アスレチックで大はりきり

3歳の遊び 3歳のお出かけ

大きなアスレチックとローラー滑り台がある公園に行ってきました。天気が良いこともあり、なかなかの混みようでした。

 

娘はローラー滑り台に果敢に一人で何度も挑戦していました。しかし、階段や梯子をのぼり、一番上がローラー滑り台のスタート地点なのですが、人ごみが激しくて一人で並ぶのが難しい。すぐ列からはみ出ちゃって抜かされてました。子どもと一緒に並ぶ大人もいるのですが、大人よりも娘より少し年齢が上くらいの女の子の方が優しく誘導してくれてました。こういうことって自分でもなかなか出来る自信がなくて……損得なく普通に気配りが出来る子どもを見習わなければ。ちなみに、大人ははみ出す他人の子を容赦なく抜かします。こういうとき、面倒見が良く社交性があるのはやはり女の子なんでしょうか。

 

滑り台自体は気にいったようで何度も滑りました。そして相変わらず、どんなに混んでいようと前の人が滑り台から降りるまで絶対に滑りださない娘、流石です。他にももちろんアスレチックに挑戦し、縄梯子を登ったり、坂を上ったはいいけど怖くて降りれなくなったり。芝生を走り回ったり。ステップ(って言うのかな?)の上をみんなが飛び跳ねる中、一人跳び箱のように飛んだり。

 

ところで、跳び箱って何歳くらいから出来るものなのでしょうね。手を付いて体重移動は出来てるので、コツをつかめば今にも出来そうでしたけど、付いた手を離さないからそのまま頭からおちそうでした。

 

あとターザンロープはやりたがるものの、怖いのかまだ一人ではぶら下がれず。抱えて一緒に乗りました。他にもアリの巣を眺めたり、広い公園での一日遊びを満喫しました。やっぱり広いっていいですね。

 

親を引き連れて遊ぶ娘は迷子にはならないと高をくくってきたこれまででしたが、今回の遊びを見るとだんだんと親から離れて遊ぶようにもなってきて、気付くとこちらから見えないところにも行っちゃうので、注意して見守らなければいけませんね。

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へ